読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラクラ 早上げの向こう側

早上げ村のリカバリー記録。

良記事に泣く

雑談

こんにちは。霧雨です。

最近歳のせいか、涙腺が弱い。

心の琴線に触れると決壊する。

いやー。

いいですよ、いい!

気持ち分かりますm(_ _)m。


 

昔こんな詩が好きになったことがありました。

 

漂泊者の歌  萩原朔太郎

日は断崖の上に登り
憂ひは陸橋の下を低く歩めり。
無限に遠き空の彼方
続ける鉄路の柵の背後〔うしろ〕に
一つの寂しき影は漂ふ。
ああ汝 漂泊者! 

(中略〜)
ああ 悪魔よりも孤独にして
汝は氷霜の冬に耐えたるかな!
(以下、略)



朔太郎は、寂しい人だったのかな。

若かりし頃は私もこんな感じが好きでしたが、今はワイワイやるのが楽しいです。 

 

ホームがある、仲間がいるのは素晴らしきこと哉・・・