読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラクラ 早上げの向こう側

早上げ村のリカバリー記録。

タイトルは特にありません。

戦略的早上げ。

特に思うところはありませんが、対戦でぶつかると確かに厄介ですね。
今、ウクライナの戦略的早上げクランとやってますが、まあ強いっす。パフェられちゃうかもしれないです。

嫌いじゃないけれどね、カーズ。

こういう、カーズのユーモアのセンスとか好きですけどね。

でも「勝てばよかろう」とはやはり思えませんな(^◇^;)
ま、クランごとに考え方、楽しみ方があるって事ですね。





ここから雑談。

読んでます。まだ、上巻です。
一語も読み落さない様にじっくり読んでます。

読んでて思い出したことがあります。

子供の頃、近所に住んでた左手指が4本しかない女の子。すぐに引っ越してしまった、名前も聞けなかった子。
「騎士団長〜」には指のない女の子は、出てこない(今のところは)んですが。不思議ですね。


「おかあさんのおなかにわすれてきちゃったんだって」


そう言った彼女の顔が思い出されます。
強い胸の痛みとともに。

今、どうしているだろう?
元気に、幸せに暮らしていればと、心から願います。


雑談その2

うちには三人子供がおります。
最近、彼らの中に柱の様なものを感じる様になってきました。
芯と言うよりは、柱の方が近いですね、イメージ的に。
しかも、有難いことにどうやらその柱は真っ直ぐに伸びて行くらしい。

もともとあって、僕が気がつかなかったのか。
それとも、僕にも感じ取れるほど大きく育ってきたのか。

いずれにせよ、とどのつまり、
「彼らはもう、少女ではないし、少年でもない」
ってことですな。

若者ってやつです。

さて、ここまでくると親父の役目はほとんど終わった様な気がするけれど、気がするだけですかね。


ま、つらつら思いつつ、今夜も焼酎ですなぁ。



追記:パフェられた〜!!くっそ〜!